OBE Accounting Research Lab


 A: 会計数値はいったいどんな働きをしているのだろうか

会計数値は人の動きを導いています。会計数値は企業の動きを導いています。会計数値は市場の動きを導いています。会計数値は人の 動き、企業の動き、市場の動きを導くことによって、モノとカネの流れを変えています。紙の上の会計数値がどうしてヒト、モノ、カネの変えることにな るのか、その基本的な働きを追ってみることにしましょう。

  利害調整会計における意思決定コントロールの役割(V2.0)

  市場の期待利益数値と裁量的会計行動(V2.0)

 B: 日本の小売企業の収益認識はどこが特異なのだろうか

日本には長い「流通系列」があり、メーカーで製造 された製商品は、幾段階もの流通ステップを経由して、最終消費者の手に渡ります。その流通の中間段階を支えているのが卸企業と小売企業 です。これらの卸企業と小売企業においては、製商品が手許を通過するごとに「売上高」を計上していますが、その収益認識方法は国際標準とはや や異なっていて、日本特有の方式になっています。ここでは、日本の卸企業・小売企業における日本独特の収益認識方法を検討してみます。

  消化仕入れの取引デザイン

  日本の卸・小売企業における売上高の裁量的計[編集中]

  日本の建設会社における売上高の裁量的認識[編集中]

 C: 貸し手は借り手をどうコントロールするのだろうか

  会計上の選択と負債仮説(V2.0)


OBE Accounting Research Lab, Osaka, Japan

(C)All copy rights reserved by Takayoshi Okabe