会計学の名著を訪ねて


   OBE Accounting Research Lab



A. C. Littleton, Acoounting Evolution to 1900(1933)

片野一郎 訳 清水宗一助訳、『リトルトン 会計発達史』(同文舘、昭和27年)。

William Andrew Paton, Accounting Theory(1922) 【Part 2】

William Andrew Paton, Accounting Theory(1922)

山下 勝治 著、『会計学一般理論』

Gilman, Stephen, Accounting Concepts of Profit (The Ronald Press Company,1939).

久野 光朗 訳、『ギルマン会計学(上)(中)(下)』(同文舘、1965-年)。

American Accounting Association, Committee to Prepare a Statement of Basic Accounting Theory, A Statement of Basic Accounting Theory (ASOBAT) (American Accounting Association,1966).

飯野利夫訳、『基礎的会計理論』(国元書房、1969年)。

Raymond J. Chambers, Accounting, Evolution and Economic Behavior,
(Prentice-Hall,Inc.,1966).

ペイトン・リトルトン著、『会社会計基準序説』

W. A. Paton and A. C. Littletonl, An Introduction to Corporate Accounting Standards (American Accounting Association, 1940).

 エドワーズ・ベル著、『企業利益測定論』

Edgar O. Edwards and Philip W. Bell, The Theory and Measurement of Business Income (University of California Press, 1961).

岩田巌 著、『利潤計算原理』

 スプローズ・ムーニッツ著、 『会計公準と会計原則』

Sprouse, Robert T., and Maurise Moonitz, A Tentative Set of Broad Accounting Principles for Business Enterprises (AICPA,1962). 佐藤孝一・新井清光訳、『アメリカ会計士協会 会計公準と会計原則』(中央経済社、昭和37年)。


2015.03.19

OBE Accounting Research Lab

代表 岡部 孝好